メイン画像

医療レーザー脱毛がエステで行う脱毛と違う点は

医療レーザー脱毛がエステで行う脱毛と違う点は、光線の威力です。エステ脱毛を受けている期間は毛根が弱るのでしばらくは出ませんが一定の期間が過ぎると出てきます。一方、医療機関のレーザーは高い威力で照射するので確実な効果が出られるでしょう。サロンでする脱毛は医療許可がないレーザーを使っているため問題が起こりやすいです。脱毛に関する面倒が発生した場合、医療機関だったらすぐに対処することができる点で医療機関のレーザーをお勧めするのです。

脱毛施術した後のアフターケアはもっとも重要であり欠かしてはいけないことです。アフターケアをするかしないかで肌の様子に大きな違いが出ます。脱毛エステサロンでのアフターケアとはどういったものなのでしょうか。それは主として肌を冷やすことですね。脱毛エステサロンでの脱毛は光やレーザーを当て毛の根を焼くことのため施術した後の肌は軽いやけどの状態なのです。それを緩和するために肌を冷やすクールダウン処理が必要になるのです。

毛には3通りの決まった生えかわるためのサイクルがあります。「成長期」「退行期」「休止期」の3つでこれらを繰り返すことを“毛周期”というのです。毛周期はどこに生えているかで違うもので、2〜3か月の短期間のものから5年くらいの期間の長いものまであるようです。成長期は、毛母細胞が分裂を始めて毛が皮膚の上部に出てきて伸びる期間です。退行期には毛の成長が止まってしまい、抜ける準備を始めます。毛細胞の分裂は止まってしまいます。休止期とは、毛が取れて新毛が生えてくるまでの間のことをいいます。レーザー脱毛する場合は毛周期を念頭に行った方が早く効果的に脱毛できると思います。